ペットの葬式に必要な費用

大切なペットが亡くなったなら

大切なペットが亡くなったとしたら、呆然として何も手につかなくなる方もいらっしゃいます。
そのまま側に置いておきたいと思われる方も多いでしょうが、いつかはお別れしなければなりません。
キレイな状態のままでお別れするためには早急に対処する必要があります。

庭に埋葬されることも考えられますが、そもそも自宅に庭がない方や庭があったとしても借家にお住まいなら庭に埋葬することはできません。

公園など公共の場所に埋葬するのはもってのほかです。
埋葬するとしたらどこに埋葬するのか、お骨の保管はどうするのかなど、突然の別れにも慌てないように事前に決めておくことをおすすめします。

葬式の費用

土葬が難しいため、今ではほとんどの方が火葬を利用されています。
もっとも手軽な方法は、供養は自宅で行い火葬は自治体に依頼することです。
この方法だと費用はかかりませんが、骨を返してもらえないことがほとんどです。

また、骨は共同で埋葬されることになるため、墓参りしにくい場所に埋葬されてしまうこともあります。
民間の葬祭業者に依頼すれば、希望通りの葬式を行うことができます。
手厚く弔いたい場合は手厚く、簡単に弔いたい場合は簡単に、費用はかかりますがどのような希望も叶えることが可能です。

葬式に必要な手間と時間によって費用はかなり違ってきます。
まず体重によって火葬の費用が違ってきます。

インコやハムスターなどの極小動物と45kg以上の大型犬とでは料金が違ったとしても当然でしょう。
火葬場の火力が強いところではインコなどの極小動物を受付ていないところもあります。
また、あまりに大きすぎる場合も制約がある場合がありますから事前に問い合わせてみましょう。
火葬スタイルによっても費用は違います。

費用がかからない順で並べると、合同火葬、お預かりによる個別一任火葬、持ち帰りによる個別一任火葬、立会い火葬といったところです。
葬祭業者によって費用はマチマチですが、合同で行えば費用を抑えることはできますが自由度は少なくなります。

立会い火葬なら自由度は高くなりますが費用も高くなります。
合同火葬の場合は、葬祭業者のほとんどは返骨を行っていないため、共同墓地への埋葬になりますから返骨を希望される場合はその他の方法を選びましょう。
また、骨壺のサイズによっても費用が違ってきます。
火葬を行った後、お骨を持ち帰ると後日埋葬してもらえないこともありますから注意しましょう。

葬祭業者によっては、後日埋葬や他園で火葬されたお骨でも受付てくれているところもあります。
埋葬料は火葬費用とは別計算になりますが、合同火葬の場合は埋葬料込みの料金になります。

火葬を行わない場合

ペットの葬式で選択できるのは火葬だけではありません。

自然葬を受付ている霊園もあります。
共同区画か個別区画かによって費用はかなり違い、埋葬料の他に区画の年間使用料が必要になります。
共同区画と個別区画とでは費用に倍ほどの差が出ることも少なくありません。

また、個別区画に墓石を立てるとしたら、多くの場合霊園が紹介した石材店に依頼することになります。
墓石の材質は刻み文字によって費用が違うほか、年間管理料が必要になることもあります。
自宅で葬式を行う場合はご僧侶などの出張費用がかかりますし、葬祭業者の斎場で行う場合でもそれなりの費用は必要です。
どのような選択をするかによって数十万円以上の差が出ることもあります。
葬式を行うとしたらできるだけ速やかに行う必要がありますが、葬祭業者の言いなりになるのではなくしっかりと選択することが大切です。
後で悔やまないように、自分の気持ちとしっかり向き合いベストな選択をしてください。
後に後悔を残さないことが飼い主さまとペットにとって何より重要なことです。